top of page
検索

1. エネルギーの法則


「あるひとつの行動をとる。すると、その動機となった考えは強まる」。これが、エネルギーの法則のひとつです。

たとえば、「できるかどうかわからない。不安だけど、勇気を出してやってみよう」と考えて、一歩踏み出してみたとします。同時に、あなたのなかで、勇気が増えるのです。自信が増えると言ってもいいかもしれません。うまくやった、ということではなく、単に一歩踏み出してみた、というその事実だけで、自信を増やしたあなたは、やってみた結果がきたいどおりのものであれ、違ったものであれ、必ずそこに、新たに自信を増やせるものを見つけるものなのです。 あまりうまくはいかなかったけど、素敵な出会いがあった、認めてくれる人がいた、といったことかもしれませんし、思いもよらなかった成功に到達した、ということかもしれません。 逆に、「勇気を持ちたいけれど、たぶんわたしには無理だ」と、やめてしまうと、それは単にやらなかった、ということでは終わらず、自分の中に不安を増やしてしまうことになります。ですからその先何をやろうとしても、不安が頭をもたげて、ためらう習慣ができてしまいます。

こういうこともあります。「ちょっと違うな」と感じても、相手がそう言うのだから、あるいは、両親の期待と違うから、という理由で、自分以外の人の心に合わせるように行動すると、そのときのあなたは、あなたではなく、たとえばあなたのお母さんとして、それもあなたの思い込みの中に住むお母さんとして生きていることになります。そしてそのとき、ほんとうのあなた自身はどこかへ消えてしまいます。「自分がどうしたいかわからない」とつぶやくときには、たいていこういうことが起こっているのです。  ニューヨークで気持ちよく暮らせる理由のひとつは、ニューヨーカーはそんな意味でわがままな人が多いということです。自分の心をかすめる、ほんの小さな思い、感覚をきちんとすくいとり、大事にしようという姿勢が身についているので、急がずにゆっくり、じっくり考えるし、それを口にもする、そしてだからこそ、相手の思いにも時間をかけて耳を傾けるのです。 焦っていないんだな、と感じます。焦らなければ、ちゃんとコミュニケーションができる。そこではじめて、自信が生まれ、そしてエネルギーの法則どおり、その自信が増えていくわけです。わたしは、毎日のコミニュケーションのひとつひとつから、勇気の使い方を教えられ、自分を育ててもらってきたと感じています。

(初出 Linque Vol.2 発行:国際美容連盟2003年10月)

閲覧数:24回0件のコメント

最新記事

すべて表示

76.「癒す」という仕事

ヒーリング、という言葉を背負った職種でなくても、「この仕事を通じて人を癒していきたい」「自分自身も癒したい」ということがあると思います。必ずある、と言っていいかもしれません。 自分の働きかけによって誰かの問題が消えたり、気持ちが晴れわたったり、そこにあった欠落が埋められたりするならば、自分の中にも、明るい光が生まれるように感じるはずです。 メイクアップでも、ファンデーションのひと刷で、肌のくすみや

75. ショックの受け止め方

「ショッキングな出来事」。 今までの人生で、幾つありましたか。 想像だにしなかった社会的事件。事故。災害。 想像だにしなかった個人的出来事。相手の反応。仕打ち。損失。 誰にでもあるのではないでしょうか。そして、そんな時、誰もがまず、「自分(自分たち)に降りかかってきた(襲いかかってきた)脅威」としてそれを捉えるのではないでしょうか。そして動揺する、震え上がる、身構える、、、と続きます。感情的になる

74. 成功する学び方

私たちは誰でも、限りない創造性を持っています。そのように創造されたからです。いのちが創造され、そのいのちの特徴は創造性です。いのちは、自ずと、輝き、表現され、分かち合われるようにできているのです。果てしなく。 いのちがあふれ出るとき、それは美しさを無限に増していきます。さらに豊かになっていきます。大勢の人を巻き込み、繋がり、喜び合える輪が大きくなります。それが、いのちの性質であり、いのちを与えられ

Comments


bottom of page